VMware上のLinuxの時計がずれる

仮想マシン上のCentOSの時計がすごい勢いでずれます。ntpで同期させても、その直後から遅れ始めるし……。

調べてみたらこのあたりに情報があったので、vmware-toolsをインストールしてvmxファイルのを以下のように編集します。

tools.syncTime = “FALSE” 

tools.syncTime = “TRUE”

再起動後、時計を確認したら誤差は1分以内に収まりました。

1分かぁ……うーん、微妙だけど良しとしておきましょう。ホントはカーネルの起動オプションにClock=pit nosmp noapic nolapicと入れると良いらしいんですが、Linuxの起動の仕組みがよく分からないのでとりあえず保留ということで。