VMスプロールの罠

最近こんな記事を見かけました。

「仮想マシンが資源を食いつぶす」、米デルの専門家が仮想化の落とし穴を指摘:ITpro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20090220/325214/

仮想マシンって簡単に作れるから、いつの間にか増えすぎてかえって管理コストが増大した、なんてことはありそうです。あと、一つの組織で複数のハイパーバイザーを導入するのはやっぱり効率が悪そうです。

どちらも以前から薄々そんな気がしてたんですが、じゃあどうすれば良いのって話となると難しいですよね。