Scalixのユーザー名をコマンドで変更する1

以下のコマンドでユーザーの登録情報を変更出来ます。
# ommodu -o username -m ‘attribute1=value1/attribute2=value2/…’
変更可能な要素(attribute)は以下のコマンドで取得出来ます。
# omshowatt
実際にシステムディレクトリに登録されたユーザーデータは
# omshowu -n アカウント名
または
# omsearch -e ul-authid=アカウント名 -d system -s
で確認可能です。
以下のユーザーが存在するものとします。
認証ID=yamada-t01、名字=山田、名前=太郎、共通名(common name)=山田 太郎
インターネットメールの表示名:山田 太郎
実行結果1:
# omshowu -n yamada-t01
Authentication ID: yamada-t01
Globally Unique ID: 152000000480d7a4-3.0.861.291
User Name : hm2slq i9dn5c /CN=i9dn5c hm2slq/S-TX=山田/G-TX=太郎/CN-TX=山田 太郎
MailNode : mail
Internet Address : =?UTF-8?Q?=E5=B1=B1=E7=94=B0_=E5=A4=AA=E9=83=8E?= <yamada-t01@www.neko-no-me.net>
~以下省略

“S=”は名字、”G=”は名前、”CN”はcommon nameだが独自形式に変換され格納されています。日本語の名字はS-TX,名前はG-TX,ログオン時の表示名はCN-TXに格納されている事が分かります。また、メールアカウントの表示名はUTF-8でURLエンコードされてるようです。

参考リンク:
FAQ/Scalix Directory 01 – ScalixWikiJP
http://wiki.scalix.co.jp/wiki/index.php/FAQ/Scalix_Directory_01

このユーザーの名前を鈴木一郎に変えてみます。
# ommodu -o yamada-t01 -m ‘S-TX=鈴木/G-TX=一郎/CN-TX=鈴木 一郎/INTERNET-ADDR==?UTF-8?Q?=E9=88=B4=E6=9C=A8_=E4=B8=80=E9=83=8E?= <yamada-t01@www.neko-no-me.net>’
ommodu: The user was modified successfully

結果をomshowuコマンドで確認してみる。

# omshowu -n yamada-t01
Authentication ID: yamada-t01
Globally Unique ID: 152000000480d7a4-3.0.861.291
User Name : hm2slq i9dn5c /CN=i9dn5c hm2slq/S-TX=鈴木/G-TX=一郎/CN-TX=鈴木 一郎
MailNode : mail
Internet Address : =?UTF-8?Q?=E9=88=B4=E6=9C=A8_=E4=B8=80=E9=83=8E?= <yamada-t01@www.neko-no-me.net>
~以下略

と言う訳で、コマンドでユーザー名を変更する事に成功しました。補足があるのでその2に続く予定。