Office Communications Server 2007 R2をインストールしてみたよ その2

インストール手順は以下を参考にしました。

Microsoft Office Communications Server 2007 自習書シリーズ | TechNet
http://technet.microsoft.com/ja-jp/office/ocs/cc952464.aspx

Office Communications Server 2007 R2 を Windows Server 2008 R2 にインストールする際の大まかな流れ – 高添はここにいます – Site Home – TechNet Blogs
http://blogs.technet.com/b/osamut/archive/2010/06/27/3340677.aspx

上のブログで言及されている資料はこちら
Tech Fielders セミナー | マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/powerpro/TF/seminar.mspx#s61

注意点とか

・OSが2008 R2でOCSがStandard Editionの場合
前提条件の役割の追加は高添氏の紹介しているPowershellでやるのが間違いないと思います。
自習書ではインストーラがデスクトップエクスペリエンスを勝手に入れてくれるはずですが、OSが2008R2だと失敗するようなので。

・インストールの最後のほうでOCS関連のすべてのサービスの起動に失敗する場合は以下を参照してください。

[MS09-056] CryptoAPI の脆弱性により、なりすましが行われる
http://support.microsoft.com/kb/974571/ja

解決方法
1.既知の問題の解決方法から修正ファイル(OCSASNFix.exe)をダウンロード
2.コマンドプロンプトを管理者として実行
3.ダウンロードしたOCSASNFix.exeを実行
4.再度インストールを実行

手動でもサービスを開始できると思いますが、インストーラを最後まで走らせてログを確認したほうが良いでしょう。
※落とした評価版が新しめのものならば修正済みかも?