教育情報化コーディネータって

政府とか自治体とかの何かの事業が始まって、無駄と分かってても予算を使い切らなきゃいけない。企業としては利益を上げなきゃいけない。教育現場は学校や子どもたちを取り巻く環境の変化に対応しきれず、制度も人も疲弊しきっている。そんな状況で、せめて少しでも「子供たちにとって」良い方向に流れを持って行けるようにする。1人で理想を唱えるんじゃなくて「何が子供たちの未来のためになるか、みんなで一緒に考えよう!」という雰囲気を作る。そして多くの人たちが知恵を出し合えば、少しは理想に近づける、かもしれない。

結局はそういう事なんだと思ってます。

毒を吐きっぱなしなのもアレなので、今日はちょっと真面目に。