CentOS 7.1でIPv6を無効にする

実際に試したバージョンはCentOS Linux release 7.1.1503。
あちこちのブログにいろんなやり方が書いてあるけど、centos.orgのwikiで「5. How do I disable IPv6?」を見るのが正解。

FAQ/CentOS7 – CentOS Wiki:
http://wiki.centos.org/FAQ/CentOS7

サーバー再起動後に# ip addr show でinet6が表示されて無ければOK。
後は、hostsファイルでlocalhostをipv6に解決しないようにしたり、sshdやpostfixが明示的にipv4を使うようにしたり。

1. /etc/hosts
#::1 localhost localhost.localdomain localhost6 localhost6.localdomain6
※::1の行をコメントアウト。

2. /etc/ssh/sshd_config
#AddressFamily any
AddressFamily inet
※anyからinetに変更

3. /etc/postfix/main.cf
#inet_protocols = all
inet_protocols = ipv4
※ipv4だけ使うよう指定。ipv6を無効、かつinet_protocols=allだとpostfixを起動出来ない。