CentOS 7.1に固定IPアドレスを設定する

実際に試したバージョンはCentOS Linux release 7.1.1503。

# nmcli connection 接続名 ([+|-]<setting>.<property> <value>)

接続名はnmcli con で表示される名前またはUUID。
<setting>.<property>はnmcli con show で表示されるプロパティ。
+で上書き。DNSのように複数の値を持てる場合は値を追加。
-で値を削除。

“centos7 固定IPアドレス”でググるとipv4.addresses “IPアドレス/プレフィックス長 デフォルトゲートウェイ”と記載してあるブログがたくさんヒットするけど、CentOS7.1ではipv4.addressesにゲートウェイを指定出来ない
ipv4.addresses “IPアドレス/プレフィックス長”ipv4.gateway “ゲートウェイ”に分けて指定する必要がある。

こういう事もあるので、ブログを書く場合は必ずOS、出来ればアプリケーションのバージョンまで書いて欲しいのですが。

例としてデバイス eth1を次のように設定してみる。
接続名:eth1
IPアドレス:192.168.0.14/24
ゲートウェイ:192.168.0.254
DNS:192.168.0.1,192.168.0.254
search domain:test.local

新しく追加したNICのデバイス名と接続名を確認

接続名を”有線接続 1″から”eth1″に変更。

eth1をDHCP(ipv4.method:auto)から固定(manual)に変更。

IPアドレスを設定。

ネットワークを再接続して設定を反映。

ip addr でIPアドレスを確認。

なんでipv6が有効になってしまうのだ・・・。(systemctl restart networkやsystemctl -p、サーバーの再起動でipv6無効に戻ったけど)