「メモ」カテゴリーアーカイブ

Thunderbird 17がQuicktextが原因でクラッシュする

Thunderbirdを17にバージョンアップしたら、メール作成を開いて数秒後にクラッシュするようになりました。

アドオンのQuicktextを無効にすればクラッシュしなくなるので、どうもこいつが原因のようです。アドオンの作者のサイトでbeta版ですが0.9.11.4が配布されていたので、アドオンを入れ替えたら直りました。

ヤレヤレ。

CentOS 6でNICを交換した場合

NICを認識しない、ネットワークが開始出来ない場合は以下をチェック。

/etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

CentOS 5.xの時と違って勝手にDHCPになったりはしないけど、ifcfg-eth0に交換前のHWADDRが書いてあるせいでネットワークが開始出来なかったり。

あと、NICの認識がおかしいような場合は70-persistent-net.rulesを見て、交換前のNICの情報が残ってたら消しましょう。

Scalixの日々のメンテナンス

Scalix Web AccessのIMAPキャッシュが破損して、受信トレイ内のフォルダの中身が表示されなくなったり、既読のはずのメールが未読のままになったりする事があります。

ユーザーから問い合わせがあってから対応する、というのも面倒なのでcronで定期的にIMAPキャッシュをクリアするタスクを実行すると良いかもしれません。IMAPキャッシュをリセットするスクリプトは以下のページから落とせます。

Utility – ScalixWikiJP
http://wiki.scalix.co.jp/wiki/index.php/Utility

IMAPキャッシュのリセットとは別に、週に1回くらいomscanを -a -f -xオプション付きで実行することをお勧めします。

各オプションの意味はman omscanで調べて下さい。(英語ですが……)

それからCentOS 5.xで運用されている方は以下のページも参照してください。特定のバージョンのglibcで問題が起きることがあるようです。

FAQ/Troubleshooting/OSUPDATE 01 – ScalixWikiJP
OSをバージョンアップしたらScalixが起動しなくなりました
http://wiki.scalix.co.jp/wiki/index.php/FAQ/Troubleshooting/OSUPDATE_01

クラウド・サービスとADのSSOとか

この辺が参考になります。

クラウド・コンピューティングとアイデンティティ管理の概要 - @IT
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/adsf2sso01/adsf2sso01_01.html

あとこことか、

【セミナー資料】AD FS 2.0 を使用して Windows Azure との SSO を実現しよう V1.1 – フィールドSEあがりの安納です – Site Home – TechNet Blogs
http://blogs.technet.com/b/junichia/archive/2010/11/06/3366197.aspx

こちらはTech EDの覚え書きでしょうかね?

ADFS « MS雑記とモモンガ日記
http://shigem0g.wordpress.com/tag/adfs/

ちなみに栃木弁のMSの人のブログによると、ADFS 2.0で一秒間に発行できるトークンの数は8コア、2.2GHzのサーバでも毎秒200程度とか。かなり重いですね。ちなみに該当記事は以下。

【IDM】AD FS 2.0 スタンドアロン と サーバーファーム の大きな違いは構成DB – フィールドSEあがりの安納です – Site Home – TechNet Blogs
http://blogs.technet.com/b/junichia/archive/2010/07/28/3347239.aspx

Forefront TMGでブルースクリーンが頻発する場合

ドライバのバージョンを最新のものに上げてみてください。特にNIC。

なんか「forefront tmg ブルースクリーン」で検索して来られた方がいらっしゃるようなので。

それから、DNSサーバ公開ルールが意図したとおりの動作をしない場合がある不具合は当分直らないっぽいです。